きんつばのおすすめ映画 最後まで目が離せない!マッチスティック・メンを鑑賞しました

こんにちは。

きんつばのおすすめ映画シリーズです。

こちら!

マッチスティックメン
マッチスティック・メン

2003年に公開されたアメリカ映画です。

監督:リドリー・スコット
キャスト:ニコラス・ケイジ、サム・ロックウェル、アリソン・ローマン、ブルース・マッギル…
ジャンル:コメディ、サスペンス、ヒューマンドラマ
映倫:PG-12

【あらすじ】
強迫性障害を患っており、そのため極度の潔癖症である詐欺師のロイ(ニコラス・ケイジ)。あるとき、精神科医の診察をきっかけに、別れた妻との間に一度も会ったことのない14歳の娘のアンジェラ(アリソン・ローマン)がいたことを知る。意を決して再会するロイ。父の仕事に興味を持ち出した娘。そんな彼女に詐欺のテクニックを教えることになったロイは…。

こんなに気持ちの良い作品は、初めてと言っていいほどでした。

まさに秀作!!

必ず最後まで観てください。

 

ここからはネタバレも含みますのでご注意下さい。

 

 

 

 

 

 

 

詐欺師であるロイ(ニコラス・ケイジ)は、詐欺師としての腕前はピカイチですが、日常生活においては強迫性障害からくる極度の潔癖症で、精神状態はボロボロ。
潔癖症の方なら理解出来る描写がいくつかありそうですが、私にはロイが本当に生き辛そうで観ていて辛かったです。

そんな彼を心配して、相棒のフランク(サム・ロックウェル)が精神分析医のクレインを紹介します。
診断の中で、10年以上前の離婚が原因ではないかとの考えにいきつきます。当時妊娠していた妻との娘アンジェラ(アリソン・ローマン)は14歳になっていました。
クレインからアンジェラに会うことをすすめられ、抵抗はあったものの、自分の娘の成長に興味を持ち2人で会うことを決めたロイ。
お互いに困惑する2人でしたが、次第に打ち解けていきます。

衝突しながらも、少しずつ親子になっていく2人の姿がとても自然に描かれています。
アンジェラとの穏やかな生活が続き、ロイの強迫性障害も落ち着いていきます。

ずっと自分が詐欺師であることを隠していたロイでしたが、ちょっとした衝突をきっかけにアンジェラに告白します。
そして、アンジャラからの熱意に押され彼女に詐欺を教えることになりました。

初めてとは思えないほど華麗にこなしてしまうアンジェラに脱帽です。
さすが親子!と言うべきなのでしょうか。

2人の距離が縮まっていくと同時に、ロイはフランクが持ち掛けてきた大きな詐欺を進めていました。

何もかも順調です。

そんな時、順調に段階を踏んでいた詐欺の予定が狂ったとフランクからロイに連絡が入ります。
急きょ最終段階へ。
それを聞いていたアンジェラに押され、彼女にも手伝ってもらうことになりました。

 

ここから穏やかに流れていた時間が、急に速度を増して展開していきます。

 

まさにハラハラドキドキの展開です!

 

そして、この映画の最大の魅力である大どんでん返しが待っています。

 

勿論、この「まさか!」なストーリーも魅力的ですが、私は何よりもロイの心の変化がとても素敵に描かれているなと思いました。

アンジェラと再会し心を通わせていく中で、父としての在り方、親子としての在り方に苦悩します。
そんな中、良き父親になろうと詐欺師の引退を考えるまでになります。
全ては娘を想う気持ちからです。
気付けば、どんどんロイに感情移入していっていました。

そして、終わり方が素晴らしいです。
結果的に騙され全てを失ったロイでしたが、本当に必要としていたものを彼は手に入れたのです。
登場した時の姿が嘘のように心が解放されたロイの姿に、心が温かくなるのを感じました。

 

最初から最後まで考え抜かれた、本当に素晴らしい脚本でした。

 

 

 

 

ありがとうございました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です